日本が抱える医療問題、その実情とは

日本の医療は急速に発展し、現在では世界的にも有数の良質さと評価を誇っていますが、蓋を開けてみると実に様々な問題が浮かび上がってきます。
医療費や対応に関するものもありますが、制度による問題も多々あり、例えば国民皆保険制度によると、医療機関が利用出来るのは、発病後やその可能性がある場合のみとなっています。
予防の概念が他国に比べて低く、患者側も明らかな病状が出た後に受診すればいいという認識が強いので、発病自体を防ぐ事が難しいのが現状です。
また、医師への報酬も高給というイメージとは裏腹に年々下がっています。
医者の収入は、国の財政に左右されるシステムなので、現場で必要とされる費用がどれだけ高騰しようと、見合う報酬が得られません。
その為に、人員が不足し、優良な治療が提供されにくくなっています。
この様な自体を改革する為には、予防を重視するシステムへの移行が近道であるという意見が唱えられており、実際にそいうった考えを主流にした国は医療費が大幅に減りました。
国が負担する費用が減れば、その分、良質な治療が受けられ、医者の質も上がる傾向が見られます。
問題点は多々あれど、表層に囚われず、根底から変えていく事が最高の改善策かもしれません。